新井です^_^


「目標達成に必要なこと」第4回目の講座は、
目標達成の精度を高め、理想のスケジュールを
作る方法についてご説明します。


より深く理解していただく意味でも、最初から読み進めてみて下さいね。

その1、目標達成に必須な2つの条件
その2、目標達成力を高める3つの条件
その3、行動計画の実現性を高める


それでは、今回も最後までお付合い下さいね^_^



「目標達成に必要なこと」その4、目標達成の精度を高める


diana.jpg

目標達成の精度を高めるとは、
これまでの講座の流れを踏まえて、

・目的
・目標
・期限
・行動計画


これらを具体的に設定し、その精度を上げていくと言うことです。


なぜ?目標達成の精度を高める必要があるかというと、

ゴールまでの経過地点ごとのクリアすべき課題やタイミング、
起こる可能性があるリスクとその対応策を想定して、
確実に目的地に到達するためです。



前回お伝えした富士山登山を例にすれば、

・具体的な目的地はどこなのか?
・5合目まで何で行くのか?


などの具体的な行動計画がないまま
登山に向かうことほど不安なことはないと思います。



では、具体的にどうやって精度の高い
目標・目的を設定するかというと、

この目標・目的設定シート
あなたが設定した目的地から現在地に向かって
目標を設定していけば良いのです。


設定方法は、あなたのペースで決めて頂ければ
問題ないのですが、目的地に到達するまでの期限は
1年後に設定する事をお勧めします。


そして、ここでのポイントは、

1、目標は、達成したか確認できるように数値化したものにする

2、目標設定は、必ず目標地点から現在に向かって設定する


このように設定してみて下さいね。


なぜ?このように設定するかと言うと、

現在地から目標地点に向かって設定すると、
目的に到達すること自体、無理ではないかと考えてしまい、
計画段階で諦めてしまう可能性が高くなるからです。


次に、各目標地点までの行動計画をリストアップします。


ここでは、行動計画の実現性を考えずに、
たくさんの行動計画をリストアップしてみて下さい。


そして、リストアップした行動計画を
前回ご説明した「8W3H」に落とし込む作業をして下さい。


こうすることで、より精度の高い行動計画が完成し、
目的・目標達成の実現性も高まります。



少し面倒な作業になりますが、
この作業に落とし込む事で、目的と目標が
あなたが本当に望んでいるものなのかを
判断出来るようにもなりますので、
頑張って取り組んでみて下さい。


それでは、次が最終段階になります。



理想のスケジュールを導き出す


imac-605421_1920-400x270-MM-100.jpg


あなたが理想とするスケジュールを
導き出すために、有効な方法をご紹介します。


それは、あなたのパフォーマンスが
最も上がった日に共通する傾向を分析して、
あなたの勝ちパターンをスケジューリングするという方法です。


この方法をとる理由としては、
人によってパフォーマンスが上がる時間帯が
異なるため、理想のスケジュールを作る事が有効だと言えるからです。


人は誰もが習慣化された毎日を過ごす習性があります。


つまり理想とする毎日のスケジュールを確立し、
習慣化された毎日を過ごすことで、
目標に到達までの時間を正確に予想出来るようになるのです。


毎日のスケジュールが確立されていれば、
仮に、あなたが決めた期限通りに目標地点に辿り着けなかった場合、

・行動計画のどこに問題があるのか?
・行動計画の何を修正すればよいのか?

これらの問題の原因を容易に特定することが出来るようになります。


逆に、理想とする毎日のスケジュールが
確立されていない日々を過ごしていると、

原因が、
・実行した時間が問題なのか?
・実行した行動が問題なのか?


これらの原因を特定することは出来ません。


この結果、最もパフォーマンスを下げる
「迷いの状態」に陥ってしまうのです。


迷いの状態に陥ると、
一度にいろんな変更や修正をしてしまうので、
余計に問題の原因が分からなくなり、悪循環を繰り返すことになります。


例えば、「車のブレーキが効きにくい」という問題があったとしましょう。

原因としては、
・ブレーキパッドが限界なのか?
・ブレーキローターが減っているのか?
・パッドとローターの間に異物があるのか?
・ブレーキフルードの残量が規定値より少ないのか?
・ブレーキホースから液漏れしているのか?
・ABSユニット(電子装置)が故障しているのか?

などなど、
一概に「ブレーキが効きにくい」と言っても、
様々な原因が考えられるわけです。


これらを一度にすべて変更してしまったら、
何が原因だったのかを確実に特定する事は出来ません。


資格を持った自動車整備士さんであれば、
「他の条件一定」というものを重要視して整備します。


これは何かというと、
「変数を一つだけ動かし、それ以外は一定にする」と言うものです。


つまり、変数の増減の効果を確かめることで、
因果関係が明らかになるという事です。



ブレーキが効きにくという問題に対して、
考えられる原因を一つだけ変更し、
効果を確かめてから、次の原因に対処していくことで、
原因を特定することが出来ると言うことなのです。


これと同じように、目標達成の道のりにおいても、
この原理を導入することで、迷いが格段に減ってくるのです。


その結果として、目標達成が一気に近づくことになります。


それでは、具体的な方法をご紹介します。


まず最初に、
今から「あなたの時間ごとの記録」を1週間分、取っていただきます。


記録方法は、スマホのスケジュール機能や
Googleカレンダーを使うと便利です。


無題 493


副業でアフィリエイトをしている方であれば、
帰宅後の作業時間と休日の作業時間の記録だけで大丈夫です。


次に、
・パフォーマンスが高かった日に○印
・うまくいかなかった日に×印

などのマークをつけて記録します。


そして、
・○印をつけた日は何が良かったのか?
・×印をつけた日は何が悪かったのか?


その日のパフォーマンスを5段階評価にして、
寝る前や翌朝に具体的に書きとめて下さい。


評価する上でのポイントは、
「重要だけれども、緊急性が低い行動をどれだけ出来たか?」

このことを重要視して評価して下さい。


【5段階評価の例】

5:最もよい行動が出来た
4:ほぼほぼ行動が出来た
3:どちらとも言えない
2:あまり行動が出来なかった
1:まったく行動が出来なかった


このような評価をする理由は、
人は重要で緊急なことであれば必ず行動に移しますが、
それほど重要でなくて緊急なことに忙殺されがちだからです。



多くの方が目標達成でつまずくのは、
緊急ではないが、重要なことをやり続けられないことが原因です。


ですので、その観点でパフォーマンスの評価をして下さい。


次に1週間の中で、
「こんな日が多くあってほしい」とか、
「こんな過ごし方がベストだ」と思える
あなたなりの理想のスケジュールを作成します。



そして、なるべく理想のスケジュールに近い
生活が出来るように工夫しながら過ごしてみて下さい。


実際に行動すれば分かることですが、
無理な部分や修正した方がいい部分が必ず出てきます。


これらは、
あなたの時間の使い方の問題点や
行動の癖が分かってくるというメリット
がありますので、
日々の行動を修正することが出来るのです。


自分の傾向が見えてこないという方は、
さらに1週間続けてみて、現状の行動を把握し直してみて下さいね。


このように、あなたが目標達成するために
日々行動している内容を分析することで、色々な気付きが得られます。


そして、理想とするスケジュールを確立し、
行動し続ける事で、目的・目標を達成することが出来るようになります。


記録を取ること自体が、面倒だと思われる方も多いと思います。


ですが、
日々好きな事だけをやっているだけでは、
いつまで経っても目的・目標には到達出来ません。


緊急性が低い重要な事を
継続して行動し続ける事で、目標達成は近づきます。


もし、なかなか目標を達成出来ない事に
悩んでいる現状があるならば、ぜひ行動に移してみて下さいね。


これで、この講座を終了いたします。


途中でつまづいてしまったら、
何度も読み返す事で、より理解出来ると思いますので、
諦めずに行動に移してみて下さい。


それでは、最後までお付合いいただき、
ありがとうございました。



以上、新井でした^_^



※お願い※
この記事を読まれて感じた、率直な意見をお聞かせ下さい。
どんな意見でも結構です。



また、ご相談・ご質問はどんな事でもお気軽にメールくださいね。

新井への相談はこちら



メルマガ読者だけに期間限定で
初心者向けの極秘マニュアルPDFを
プレゼント中です。

   ↓ ↓
qJrN7WEkBpYRtbv1477215076_1477215694.png



追伸、応援クリックお願います↓↓









関連記事