あなたの人生を80年とした場合、
残り何時間、自由に使えますか?



新井です^_^



人生で使える時間を計算してみると、
意外な事実が明らかになります。



時間に限りがある事くらい、誰でも分かる事ですね。



頭では、限りがあると分かっていても
日常生活を振り返ると、時間を軽視している事も分かります。



「まだ時間があるから大丈夫」

「明日やればいいや」

「来年、また頑張ろう」




私たちは、こんな言葉を繰り返しながら、
まだ人生は先が長いと自分に言い聞かせて
過ごしているのでは無いでしょうか?



あなたは、本当に先は長い人生だと言い切れますか?



私は歳を重ねるごとに、1年があっという間に
過ぎ去ってしまうことが、怖いと思う事が多々あります。



今回は、「人生で使える時間をどう使うか?」
この事について、語りたいと思います。



それでは、最後までお付き合い下さいね^_^



「人生の時間について考える」 あなたが自由に使える時間は、あと何時間?


man-1050530_960_720.jpg


私は、サラリーマンをリタイアしてから、
「多くの時間を自分のために使う」ことが出来るようになりました。



だから、今になって思うのですが、サラリーマン時代は
無駄な時間を多く過ごしていたと感じています。



そして、大きく人生で使える時間を計算した場合、
恐ろしい事実が明らかになります。



それでは、本題に入りましょう。



人間の平均寿命を80歳とした場合、1人当たりの持ち時間は、

80年×365日×24時間=約70万時間


残りの人生を計算するには、

(80年-現在の年齢)×365日×24時間=人生で残された時間

私の場合は、

(80年-42歳)×365日×24時間=約33.2万時間になります。


サラリーマンと仮定して、そこから労働時間と
睡眠時間、生活に要する時間は?

約33.2万時間×2/3=約22万時間が失われます。

※一般的に労働・睡眠・生活に使う時間は、約2/3と言われます。



つまり、人生を80年として私に残された時間は
約11万時間で年数にすると、約13年しか
自由に使える時間がありません。




しかも、現在のように海外でシュノーケリングをしたり、
スキーを楽しめるのは、せいぜい60歳までとしたら、
身体の自由が利くのは、残り18年となります。



残り18年のうち、労働・睡眠・生活に2/3を使うと
自由な時間は6年になってしまいます。



現在の私の労働時間に置き換えれば、
プラス5年は自由な時間を使うことが出来ますが、
こんな計算をすると、非常に怖い現実がある事が
お解かり頂けると思います。



定年退職後に第二の人生を楽しむとよく言われますが
本当に楽しめるのは、身体の自由が利くうちだと思っています。



こう考えると、時間の大切さが誰でも理解できると思うのです。



ここで言えるのは、自由に使える時間には限りがあり、
そして「人生は先が長いとは言い切れない現実がある」という事です。




現状に不満もなく、幸せな方であればページを閉じてください。



ですが、このサイトに訪問して下さる方の多くは、
何かしらの”夢や目標”がある方が多いと感じています。



そして、上手くいかない現状から
変わろうとしている方も多いのではないでしょうか?



でも一方で、インターネットでお金を稼ぐための
情報だけを探し求めている方も多いように感じます。



知識を得るための情報収集は大事ですが、
得た知識や情報を行動に移さなければ、何の意味もありません。



何が言いたいのか?というと、

人生の限りある時間の中で、自由に使える時間を
無駄にしてはいけないと言うことを伝えたいのです。



是非一度、現在の年齢に置き換えて、
「自由に使える時間」を把握してみて下さい。



自分が自由に使える時間が明らかになれば、
更に時間の重要性について理解を深める事が出来るはずです。



そして、時間に対しての重要性を理解することで、
無駄な時間を過ごさないようにもなるはずです。




では次に、「自由に使える時間をどう使うか?」について
ご説明したいと思います。



「人生の時間について考える」 自由に使える時間をどう使う?


priority_hdr.jpg

自由に使える時間をどう使えば良いのか?



個人個人、人生に対する価値観が違うので
正解はありませんが、私なりの意見を述べたいと思います。



それは、「人生を充実させるために有効に使うべき」だと考えます。



充実した人生の中で生きていると実感することで
”人生の体感年齢を遅める”ことが出来ます。



・もう冬かぁ?

・もう一年終わるのかぁ 


などと思うのは、人生の体感年齢が早まっていると言われます。



人生の体感年齢は、年をとればとるほど早く感じるようです。



充実した人生も送れず、一年一年があっという間に
過ぎ去ってしまうのは、悲しいことですね。



体感年齢の考え方は、フランスの心理学者、
ポール・ジャネが発案した”ジャネーの法則”が最も有名です。

-ジャネーの法則-

生涯における時間の心理的長さは、自らの年齢の逆数に比例する
(年齢に反比例する)




これは、年とともに体感年齢が早まっている事を意味していて、
新しい刺激がない事などが原因で、そう感じると言われています。



では、体感年齢を遅め、人生を充実させるには
どうすれば良いのでしょうか?



以下の3つの方法が効果的です。



・新しい人との出会いに触れる

 新しい人と出会うことは、新しい情報に触れることになります。
 自分とは価値観が違う人と関わることで刺激になります。
 刺激が多ければ、体感年齢が遅くなるようです。



・新しい知識に触れ、新しい経験をする

 今まで知らなかった知識や情報に触れ、
 新しい経験をすることが多いほど、体感年齢が遅く感じ
 人生が充実していると感じるようになると言われています。



・目標を持ち、それを目指す

 目標を持ち、それを目指して行動することは
 苦しみもありますが、その時々で学ぶことや感じる事が
 異なるので、人生を充実させるには最高の行動だと言えます。 
 


このような3つの方法を実践することで、
人生が充実したものになり、体感年齢も遅めることが
出来るようになることが分かります。



また、人生の自由な時間をこういったことに
有効に使えば良いという事を理解できると思います。



「人生の時間について考える」 まとめ



これまでをまとめると、

・人生で自由に使える時間には限りがある
・自分に残された自由な時間を把握する
・人生を充実させるために時間は有効に使うことが大事
・価値観の違う、新しい人との出会いに触れる
・新しい知識に触れて、新しい経験をする
・目標に向かって行動し、苦しみからの学びを得る



こういった考え方を意識して行動することで、
あなたの人生が充実したものに変わってきます。



現状から変化を求めているならば、
新しい知識に触れて、目標に向かって
行動してみてはいかがでしょうか?



あなたが、限られた時間を無駄に使わないための
参考になれば幸いです。



このブログでは、インターネットビジネス初心者の方が
正しい方法で実践できるように案内しています。



興味のある方は、こちらの記事から読んでみて下さい。

初心者向け講座:インターネットで稼ぐ仕組みを教えます。



以上、新井でした^_^



※お願い※
この記事を読まれて、あなたが感じた
率直な意見をお聞かせ下さい。



また、ご相談・ご質問はどんな事でもお気軽にメールくださいね^_^

新井への相談はこちら



メルマガ読者だけに期間限定で
初心者向けの極秘マニュアルPDFをプレゼント中です。

             ↓ ↓
qJrN7WEkBpYRtbv1477215076_1477215694.png


追伸、応援クリックお願いします。




関連記事