新井です^_^



昨日、ネットビジネスについて、ご意見募集の
ご案内をさせていただきました。

>ネットビジネスについて何が知りたいですか?



嬉しいことに、メルマガ登録者の方から、
貴重なご意見を頂戴したので、早速、記事にしたいと思います。



「初めにぶつかる壁の乗り越え方」



今回は、これついて語りたいと思います。
それでは、最後までお付き合い下さいね。



目標を持つと、初めにぶつかる”壁”


perchero-buddy-set-x-3-umbra-elige-color.jpg

ネットビジネスに限らず、仕事や趣味でも、
これまでに経験したことのないものに挑戦する時は、

必ず最初に乗り越えなければならないと思う、
「壁」を感じる方が多いのではないでしょうか?



目標は立てたものの、いざ行動を起こそうとすると
目の前には「目には見えない大きな壁」を感じるものですね。



壁を目の当たりにすると、「そこから一歩も動けない」



誰でも、こんな経験はあると思うのです。



そんな私も、これまでの人生経験のなかで、
たくさんの壁にぶつかり、思い悩んできた一人の人間です。



ネットビジネスに置き換えれば、
サラリーマンの経験しかなかった私にとっては、
周り一面が壁でふさがれた状況だったと言えます。



お金を何とか捻出して高額のセミナーに参加した事もあります。



ですが、「目標を強く意識することが大事です」と言うだけで
なかなか「壁」を乗り越えるヒントを得られなかったのが事実です。



高額塾や自己啓発セミナーというのは、
心理的なことがメインになっているケースが多く
「目標を達成しましょう」と言って、

一時的にテンションを上げているだけであって
目標達成に至らないケースが殆どです。



確かに、目的を定め、目標を強く意識することは大事で、
日々のモチベーションにもつながり、「壁」が高く感じなくなる事も
あります。



ですが、しばらくすると、感情が巻き戻され、
また更に「大きな壁」を感じてしまいます。




では、なぜ?人は何かに挑戦する時に「壁」を感じてしまうのでしょうか?



”壁”とは自らが作り出している幻想なのか?


gettyimages_486560393.jpg

目標としているものが高いほど、乗り越えるべき「壁」も高くなります。



その高い壁を乗り越えれば、満足感・充実感・達成感が得られ、
あなたは、至福を得ることが出来るでしょう。



ですが私たちは、その目標を達成したいがために
自ら「高い壁」を作り出しているのかも知れません。



あなたは何かに挑戦する時に、こんな感情を抱えていませんか?


・まったく経験がない
・まったく知識がない
・やり方が全然わからない
・忙しくて時間がない
・余計なお金がない
・頼れる人脈がない



仮にこういった感情があるのなら、
「壁」を自ら作り出している要因だと思われます。



ですが、こういった状況の中でも、
やり遂げている人達は必ず存在していますので、
以下のようなことが、要因だと考えられます。



・失敗して傷つくことへの恐れ
・失敗して恥をかくことへの恐れ
・失敗者と評価されることへの恐れ
・失敗して自信を失うことへの恐れ


このように、まだ起きてもいない未来に対する
「恐れ」や「不安」の感情にとらわれ続けていることが
「心の壁」を生み出してしまっているようなのです。




まだ起きてもいない未来への恐れや不安に、
とらわれてしまう「思考のクセ」があるという事です。



何かに挑戦する際に、必ず失敗する未来が
待ち受けているなんてことはあり得ませんよね?



これは、自らが勝手に思い込んでいるだけに
過ぎない幻想だと言えます。



では、どうすれば、こういった「思考のクセ」から
解放され、前に進むことが出来るようになるのでしょうか?



次に、具体的な方法をご紹介したいと思います。



「思考のクセ」から抜け出す方法


maze-people-wallpaper-1.jpg

まだ起きてもいない未来への恐怖や不安を抱く
「思考のクセ」から抜け出すために、

簡単で効果的な方法をご紹介します。



それは、「モデリング」という方法を使います。



【モデリングの手順】


1.あなたのあこがれる人を数人選ぶ

2.その人になりきり、その人の信念や価値観を
 自分にインプットする



では、具体的に説明して行きます。




1.あなたのあこがれの人を数人選ぶ


あこがれの人は、芸能人や歴史上の人物、
映画の主人公など、どんな人でも構いません。



ですが、今のあなたの現状を抜け出すことに
役立つような人を選ぶのがよいでしょう。



あなたを勇気付けて、あなたの「思考のクセ」を
解放してくるような人を3人くらい選びます。



2.その人になりきって、自分に質問する


仮に歴史上の人物、織田信長を選んだとして、
次のように質問してみて下さい。


・「織田信長だったら、目の前に壁が現れたとき、
 どんなことを考えて、何をするだろうか?」


・「何を大切にしているから、そう考えるのだろうか?」


・「織田信長が目の前にいたら、今の自分に
 なんて声をかけるだろうか?」


・「織田信長だったら、全国統一で悩んだときに
 何をするだろうか?」


・「織田信長は悩んだときに、どうやって自分を
 奮い立たせているのだろうか?」



こんな質問を、自分に投げかけることで、
思考の枠を超えた”気づき”が得られるはずです。




仮に私だったら、こんな”気づき”を得ることが出来ます。



・「目の前に壁があるとしたら、
 それは、自分が勝手に思い描いている幻想に過ぎない。

 存在しない思い込みの幻想にとらわれるくらいなら、
 自分が信じたことを、結果が出るまで続けて見よう」


・「他人に出来て、自分に出来ないことなどあり得ない、
 こんな信念を大切にしているから、そう考える」


・「織田信長はこんな言葉をかけるだろう。

 何のために、そのビジネスを始めたんだ?
 最初から諦めるくらいなら、やらないほうが楽だろう?
 やると覚悟を決めたなら、やり遂げるべきだ!
 行動しない者に、未来などない!


・「ただ頭の中で悩んでいるだけでは何も変わらないし、
 行動することで仮に失敗しても、またチャレンジするだけのことだ。
 
 他人の評価をあてにして、振り回されるのは御免だ。
 自分が成功することだけに集中し、やり続ければ
 絶対に手に入れることが出来る!
 それでも、つまずいた時は、頼れる人に
 相談や質問をするだけで、解決するはずだ!」

 


このように、人それぞれに”気づき”からヒントを
得ることが出来れば、まずはその通りに行動に移してみて下さい。



結局は、私の自己紹介にも書いているとおり、
行動しないことには、何も始まらないし、
何を得ることも出来ないという事です。



仮に、その行動の結果が望ましくなかったのなら
もう一度質問を投げかけて、やり方を変えて
チャレンジすればいいわけです。



望ましい結果であれば、そのまま継続して
やり続けることで目標達成に近づけます。



私自身、副業でネットビジネスを始めた頃は、
毎日のように「自分の中の恐怖や不安」にとらわれ
簡単に振り払うことが出来なかったのも事実です。



「恐怖や不安」は無意識にある本能ですので、
あなたが想像している以上に強い力を持っています。



だからこそ、自分以外のあこがれの人物を使って
「思考のクセ」から解放してあげることで、
現状を変化させることが効果的だと言えます。



これは、実際に体験してみることで、
その効果が意外にも効いてくることに驚かされるはずです。




もし、超えられない壁を感じているのであれば、
是非、試してみて下さいね。



また、こちらの記事には、目標を達成する上での
思考や考え方のヒントが書かれていますので、合わせて読んでみて下さい。

参考:ネットビジネス、思考を変えれば成功出来るのか?



壁を乗り越える方法 まとめ



誰もが、新たな何かに挑戦する時に、「超えられない壁」を感じるものです。



ですが、それは”思い込みや思考のクセ”が
幻想を作り出しているだけに過ぎません。



現状から変わるには、自分が変わること以外に
方法はないと言っても間違いないでしょう。



直ぐに恐怖心や不安を振り払うことが出来なくても
ご紹介した方法で、自分自身を奮い立たせながら
行動することで、”色々な気づき”があるはずです。



超えられない壁にとらわれず、行動してみて下さいね。



貴重なご意見を頂いた、Mさん、
私なりの解決策をご紹介させて頂きましたが、
参考になりましたでしょうか?



参考になれば、嬉しい限りです。



以上、新井でした^_^




少しでも参考になった方は、応援ボタンをお願いします。


ネットビジネス ブログランキングへ



今回のように、あなたが抱えている問題を
掘り下げて、役立つ記事にしてご提供できればと思っています。


悩みを抱えて、立ち止まっているなら、ご意見をお聞かせ下さい!
         ↓ ↓

ネットビジネスについて何が知りたいですか?



また、ご相談・ご質問はどんな事でもお気軽にメールくださいね^_^

新井への相談はこちら



メルマガ読者だけに期間限定で
初心者向けの極秘マニュアルPDFを
プレゼント中です。

          ↓ ↓
qJrN7WEkBpYRtbv1477215076_1477215694.png

追伸、応援クリックお願いします。


関連記事